新元号決定も国民投票すべき?

未分類

2019年4月1日に、5月1日から使われる、
新しい元号が決まりました!

『令和(れいわ)』です。

つまり、今年は平成31年 かつ 令和元年と言うことですね。
昭和生まれの私は『昭和』『平成』『令和』の3つの時代を
生きることになるのですが、まだあまり実感がわきません。
それでも、そのうちに新元号にも慣れるのでしょう。

今回の天皇陛下の継承による改元(元号を変えること)で、
一般市民の生活が大きく変わることはないでしょうが、
新しい時代が来ることになんだかワクワクします。

さて、この改元に関する記事を
インターネットや新聞で見ていたときに、
こんな意見を見つけました。

「現代は情報の見える化を進めているのだから、
新元号も国民投票で決めるべきではないか」

という意見です。

この意見には私は反対です。
なぜなら、

  1. 市民が思いつきやすいものにかたよる
  2. 出典などについて、一般市民は詳しくない
  3. さまざまな人の思惑(おもわく)が入り乱れる

この中でも特に3番目の考えが強いです。

今回の改元でも、『令和』関係のドメイン名
(インターネット上の住所)があっという間に
抑えられて、ヤフオクやメルカリで転売されています。

これが当日ではなく、事前に候補を見せられて、
投票になったとしたら、どうなるでしょうか?

おそらく、さまざまなビジネス目線の方達が
自分の儲けにつながるように投票を進ませようと
考えるに違いありません。

それは、元号の本質から外れてしまうと思うのです。

やはり現在のように、古典や古書に詳しい専門家の
意見で、世界に誇れる意味を持った元号を
選んで欲しいと思います。

「西暦とごっちゃになってめんどくさい」
と言う人もいますが、他の国では見られない文化です。

元号がなければ、
『平成の歌姫』や『昭和ライダー』などの
時代を表す表現ができません。

1980年代、20世紀後半ではちょっと物足りませんよね。

最後は、べたべたな市民目線になってしまいましたが、
新元号が決まり、思ったことを書いてみました。

清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

兵庫県在住の電子書籍プロモーター

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PR(ここにも作成記事があります)

ビジネス成功脳のすべて
清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

電子書籍プロモーター。 環境関連のコンサルティング会社に入った事がきっかけで、提案内容を人に伝える方法や分かりやすい文章の書き方におもしろさを感じるようになりました。 文章の書き方、伝え方の技術を電子書籍に応用し、集客や売上アップにつながる出版サポートをしています。 兵庫県広報情報センター 代表

情報発信のリンク集

新着 おすすめ
  1. 戦略 vs 戦術

  2. いいの、持ってますね!

  3. “ガツンッ”とくる単語

  4. 見せなきゃ意味がない!

  5. 副業で稼ぐには・・・

  6. 時代に合わせた訴え方

  7. 2番でもいいじゃない

  8. 嬉しくなりました

  1. ブリで密回避

  2. 朝は黄金時間

  3. 公私混同もイイね!

  4. 理由 = 最強

  5. 一本道だと安心

  6. 五感を刺激する

  7. 拒絶の相手

  8. 見せなきゃ意味がない!

ランキング

  1. 謙虚かつ貪欲

  2. 戦略 vs 戦術

  3. ルールを堂々と破られました

  4. もう、原型を留めていません・・・

  5. 禁止すればするほど・・・

  6. しぼるのがサイコー

  7. お尻クライシス2021

  8. 33年後に叶った夢

PR

A01LINEスタンプ

清水りょうKindle

↓ここの画像、かなり使ってます!

写真素材素材【写真AC】

↓これ、メチャクチャ使えます!!

TOP