禁止すればするほど・・・

行動心理学とマーケティング

清水です。

あなたは『一休さん』を知っていますか?

お寺の小坊主さんが、とんちを使って
「屏風のトラを追い出せ」とか、
「橋を渡らずに川を渡れ」などの
難題を解決するお話です。

本やアニメ、ドラマにもなっているので、
どこかで見たことがあるのではないでしょうか?

その、一休さんのお話のひとつに、
最近ニュースで見かけた話題と似たものが
あったのを思い出したので、
そのお話を紹介いたします。

======お話ここから======

一休さんはある日、和尚さんが
水飴をこっそり食べているのを
見つけました。

「その美味しそうなものを
私にもください」と一休さんが言うと、

和尚さんは、

「これは附子(ブス)と言って、
大人が食べると薬になるが、
子供が食べると猛毒になる」と言って、
相手にしてもらえません。

一休さんは、

「そんなおかしな食べ物があるわけ無い。」
「和尚さんが一人で食べるために
ウソをついたんだろう」と考えました。

別の日に、
和尚さんが法事でお寺を留守にするときがありました。

その間に一休さんは、和尚さんが隠した水飴を
こっそり舐めてみることにしたのです。

普段は質素な食事で生活しているお寺です。

そんな生活の中で食べる水飴は
今までに食べたことがないほど甘く感じました。

1さじだけと思って舐めた水飴も、
「もう1さじだけ、もう1さじだけ」と舐めるうちに
空っぽになってしまいました。

一休さんは食べつくしてしまった水飴を
どう説明したと思いますか?

ここで一休さんのとんちが発揮されます。

一休さんは、和尚さんが大事にしている
硯(すずり)をわざと割りました。

その硯を外出から帰ってきた和尚さんに見せて、
「大事にしている硯を割ってしまったので、
死んでお詫びしようと、附子を飲みました。」

「しかし、1さじ飲んでも死ねません。」
「2さじ飲んでも、3さじ飲んでも、死ねません。」
「ついに全部飲んでしまいましたが、
まだ死んでお詫びができません。」と言ったのです。

水飴についてウソをついていた和尚さんは、
硯について、怒るに怒れませんでした。

======お話ここまで======

・・・というお話です。

一休さんのとんちのきかせ方もおもしろいのですが、
ここで注意してほしいのは、水飴についてウソをついて
禁止した和尚さんです。

人は禁止されると、もっとしたくなります。

『カリギュラ効果』や『心理的リアクタンス』と呼ばれる
心理現象になります。

今回この一休さんのお話を思い出したのは、
緊急事態宣言中、毎日のように報道されていた
パチンコ屋の話題です。

そもそも興味のない人にはまったく響きませんが、
普段パチンコしている人にとっては、
『禁止されてるのに開いているお店がある』という、
悩ましい状態です。

報道を見るたびに、もっとしたくなって、
人を集めてしまったのではないでしょうか。

逆に『三密』の回避お願いはうまく働いたのでは
ないでしょうか?

日本人は上からの指示を聞きやすい傾向にありますが、

「〇〇禁止」「〇〇不可」としてしまうと、
もっとしたくなります。

海外では法律で禁止したため、反発する市民が
屋外で集会を起こしていました。

法律を無視して『三密』されてしまったら、
法律の意味がなくなってしまいます。

人の心理を先読みして、メッセージ発信することも
大事ですよね。

今回は逆効果の『禁止事項』のお話をしましたが、
この『カリギュラ効果』を使うことで、
ビジネスに興味を持たせやすくなります。

「こんな人は来ないでください。」
「○○ではちょっと難しいでしょう」と、

見込み客にならない人を除外することで、
それを乗り越えられる人は、より積極的になります。

あなたも販売や集客をするときに、
ぜひ使って見てください。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます!

明日は心構え(マインドセット)
の話題を考えています。

※※メールマガジン始めました!※※

毎回の発信内容をあなたのパソコンやスマホで
受け取ることができます。

メルマガ配信は毎朝8時を予定しています。

わざわざフェイスブックを開かなくても、
記事の内容を見ることができるので、
非常にお手軽です!

メルマガの登録はこちらから

お客さんを振り向かせる技術
https://mail.os7.biz/add/kzF0

登録完了後5分以内に
info@salescopy.biz
のメールアドレスから、
登録確認メールを発信します。

登録確認のメールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダに入っていないか、
ご確認お願いいたします。

清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

兵庫県在住の電子書籍プロモーター

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PR(ここにも作成記事があります)

ビジネス成功脳のすべて
清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

電子書籍プロモーター。 環境関連のコンサルティング会社に入った事がきっかけで、提案内容を人に伝える方法や分かりやすい文章の書き方におもしろさを感じるようになりました。 文章の書き方、伝え方の技術を電子書籍に応用し、集客や売上アップにつながる出版サポートをしています。 兵庫県広報情報センター 代表

情報発信のリンク集

新着 おすすめ
  1. 戦略 vs 戦術

  2. いいの、持ってますね!

  3. “ガツンッ”とくる単語

  4. 見せなきゃ意味がない!

  5. 副業で稼ぐには・・・

  6. 時代に合わせた訴え方

  7. 2番でもいいじゃない

  8. 嬉しくなりました

  1. マイナス → 魅力

  2. 18禁?な食べ物

  3. ついでに集客

  4. ~ない~ない、だとわかりにくい

  5. こんな方法があったなんて・・・

  6. いいかげんにしろ!

  7. 「読まれる」と思わない

  8. おたまで良くない?

ランキング

  1. 謙虚かつ貪欲

  2. 戦略 vs 戦術

  3. ルールを堂々と破られました

  4. もう、原型を留めていません・・・

  5. 禁止すればするほど・・・

  6. しぼるのがサイコー

  7. お尻クライシス2021

  8. 33年後に叶った夢

PR

A01LINEスタンプ

清水りょうKindle

↓ここの画像、かなり使ってます!

写真素材素材【写真AC】

↓これ、メチャクチャ使えます!!

TOP