誰もが1年生です

マインドセット

清水です。

新型コロナの緊急事態宣言が解除されて、
長い春休みが終わりつつあります。

卒業式や入学式が短縮だったり無かったりして、
あまり実感の無いまま、
1年生になってしまった子供たちも
多いのではないでしょうか?

せっかく新しい制服を買ってもらったのに、
着る機会なく、衣替えかもしれません。

そんなイレギュラーな新学期ですが、
確実に記憶に残る新学期です。
数十年後には、きっと話題の1つになって
いることでしょう。

こんなに記憶に残る新学期は初めてですが、
以前、私は中学1年生に勉強を教えていたことが
あります。

とは言っても、学校の先生じゃありません。

塾の先生と家庭教師をしていたことが
あるんです。

今日は、その時に身につけた教え方の話をします。

最初は教科書を読んで、
問題集を解かせていたのですが、
イマイチ言っている内容を理解してもらえません。

ただ単に、授業をこなすだけでは、
自分もつまらないし、
何よりも自分の授業を受けてくれている生徒に
申し訳ありません。

1年位かけて、色々と教え方を考えて、
やっと教え方が分かるようになりました。

塾の先生だけで無く、大人相手のセミナー講師にも
使える3つの秘密の指導方法、
あなただけにお伝えします・・・

1つめに、

『とにかく生徒の方を見る』

生徒が分かっているのか、イマイチなのかは、
アイコンタクトで結構分かります。

教科書をじっと見ていては、生徒の表情が
つかめません。

また、生徒を見ていないと、分からなくなってしまった生徒は
置いてきぼりになったと思い、どんどん不安になってしまいます。

可能ならば、黒板やホワイトボードを書くときにも
背中を向けてしまわずに、チラチラと生徒を見ながら
板書をします。

2つめに、

『少し脱線して、なごませる』

人が強く集中出来るのは、15分程度と言われています。
例え好きな教科でも30分ぶっ続けて聞いていたら疲れてきます。

私の中では、「先生は真面目でなければならない」と、
最初は心理ブロックがあったのですが、
先輩に、「もっと脱線していいよ」と言われて、
少し出来るようになりました。

3つめに、

『わからないものはわからない』

「小6なんだからこれぐらいわかるだろう」
「この程度、中2ならわかって当然」

と考えるのは、教える側の完全なエゴです。

新しい事を知るのに関しては、
みんなピカピカの1年生なのです。

わからないなら、細かく分解して、
わかる所から、じっくり教える必要があるのです。

これまで、塾の先生目線で書いてきましたが、
大人相手のセミナーでも、同じことが言えます。

1つめ、『生徒(受講者)の方を見る』

大人対大人になると、立場はほぼ対等です。

小中学生以上に自分で判断できますので、
疎外感(置いてきぼり)を感じれば、
もう話を聞きに来ることは無いでしょう。

講師と受講者が一体となって、
スキルや知識を高めている雰囲気が大事です。

2つめ、『少し脱線』

大人も子どもと同じように、好きな話でも
30分以上聞いていれば疲れて、集中力が落ちます。

少しテーマから外れたことを言ったり、
質問をさせてみるなど、
雰囲気を変えることが大事です。

テーマから外れて、
「何でそんなことを話すんだ!」と、
怒る人はほとんどいないと思います。

また、そこで怒る人は、言ったとおりにしか
物事をつかめないことが多いので、
聞いたことで満足して、何も変わらない人でしょう。

講師は生徒に行動させることが大事ですので、
怒る人がいた場合は、集中力の持続時間の話をして、
脱線も良いことなんだと、気付かせてあげて下さい。

3つめ、『誰でも1年生』

小学生が、初めてかけ算を習ったり、
中学生が、初めてマイナスの計算をするときは、

今まで知っていることを総動員して、
新しい概念を身につけていきます。

大人も同じです。

新しい事を始めようとしている大人も
ピカピカの1年生なんです。

バカにしているわけじゃないのです。

パソコンを始めようとしている高齢者の方には

例えば、
メールは手紙
インターネットは図書館や本屋
SkypeやZoomは電話

と、すでに分かっている内容を参考に、
上乗せして教えて行く必要があるのです。

あなたは、『相手を1年生』だと思って教えていますか?

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます!

明日は心構え(マインドセット)
の話題を考えています。

※※メールマガジン始めました!※※

毎回の発信内容をあなたのパソコンやスマホで
受け取ることができます。

メルマガ配信は毎朝8時を予定しています。

わざわざフェイスブックを開かなくても、
記事の内容を見ることができるので、
非常にお手軽です!

メルマガの登録はこちらから

お客さんを振り向かせる技術
https://mail.os7.biz/add/kzF0

登録完了後5分以内に
info@salescopy.biz
のメールアドレスから、
登録確認メールを発信します。

登録確認のメールが届かない場合は、
迷惑メールフォルダに入っていないか、
ご確認お願いいたします。

清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

兵庫県在住の電子書籍プロモーター

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PR(ここにも作成記事があります)

ビジネス成功脳のすべて
清水 龍(しみず りょう)

清水 龍(しみず りょう)

電子書籍プロモーター。 環境関連のコンサルティング会社に入った事がきっかけで、提案内容を人に伝える方法や分かりやすい文章の書き方におもしろさを感じるようになりました。 文章の書き方、伝え方の技術を電子書籍に応用し、集客や売上アップにつながる出版サポートをしています。 兵庫県広報情報センター 代表

情報発信のリンク集

新着 おすすめ
  1. 戦略 vs 戦術

  2. いいの、持ってますね!

  3. “ガツンッ”とくる単語

  4. 見せなきゃ意味がない!

  5. 副業で稼ぐには・・・

  6. 時代に合わせた訴え方

  7. 2番でもいいじゃない

  8. 嬉しくなりました

  1. レジェンドコラボ

  2. ホントは嫌いじゃないんです

  3. いいの、持ってますね!

  4. 『かわいい』が大企業を動かす

  5. 未来のない営業スタイル

  6. 『ググる』= 高等テクニック

  7. まずは興味から

  8. 嫌いなのに・・・気になる

ランキング

  1. 謙虚かつ貪欲

  2. 戦略 vs 戦術

  3. ルールを堂々と破られました

  4. もう、原型を留めていません・・・

  5. 禁止すればするほど・・・

  6. しぼるのがサイコー

  7. お尻クライシス2021

  8. 33年後に叶った夢

PR

A01LINEスタンプ

清水りょうKindle

↓ここの画像、かなり使ってます!

写真素材素材【写真AC】

↓これ、メチャクチャ使えます!!

TOP